小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

日焼けというより火傷

週末に遠距離の彼に会いに行ってきました。

久しぶりに彼の住むところへ。思い返してみると、最後に行ったのは昨年の11月なので、7ヶ月ぶりでした。

 

彼の住んでいるところから、ちょっと足を伸ばして下田に行きました。

天気が良かったので、自転車を借りてサイクリング。

綺麗な海を見に行ったのですが、そのときに事件が。

f:id:mattarifree:20200630170815j:image

今回は、その話です。

 

日焼けというより火傷

久しぶりに自転車に乗りました。というか、コロナのおかげで家にこもっていたので、外で遊ぶこと自体が久しぶり。

なので、私はすっかり油断していました。

顔以外の日焼け対策のことを。

 

結果、家に帰ってきて気づきました。

腕が熱い…痛い…

今なら、るろ剣の志々雄に共感できます。

腕から発火できそう。

 

まだ6月なのに。たった30,40分自転車に乗るだけで、こんなに日焼けしてしまうのにはびっくりしました。

 

でも例年8月が日焼けのピークですが、5月〜9月も負けず劣らず紫外線は強いようです。

f:id:mattarifree:20200630144927j:image

気象庁HPより引用: 2019年「日最大UVインデックス(解析値)の年間推移グラフ」

 

日焼け後に「冷えピタ」はあり?

 

とにかく日焼けした腕が熱かったので、まず冷やそうと思いました。

思いついたのが、保冷剤・冷えピタ。

保冷剤は固定できず、冷やすと手を使いにくくなるのが難点。なので、家にあった冷えピタを貼っちゃえと思ったのですが、ふと思いとどまりました。

傷口(炎症)に冷えピタを貼って大丈夫なの?」と。

 

よくよく注意書きを見たら、「皮ふに異常(傷口、湿疹、かぶれ等)があるところには使用しないでください」と書いてありました。

ちなみにHPにも、「日焼けした肌は貼り付けて肌表面をふさぐことが、日焼けを悪化させる場合があります」と書いてあります。

 

つまり、「冷えピタ」は貼っちゃダメです。

確かに「冷えピタ」は気化熱を利用して冷やしているから、日焼けした肌からさらに水分を奪うこともあり得そうです。

大人しく、保冷剤を使うことにしました。

 

しばらく冷やした後、脱毛サロンでもらった薬があることを思い出し、保湿。

保冷剤を大きめのハンカチに包み、腕に固定してその日は寝ました。

 

日焼け跡は、何日で治る?

2日後

翌朝起きると、保冷剤は吹っ飛んでいました。

なんて私の寝相の悪さはさておき。

腕の赤みが引いていました。

私の回復力すごい!という喜びも束の間のこと、起きてしばらくすると、また赤みが戻ってきました。(寝起きで血行不良だっただけ?)

 

しかも、腕が腫れている。

心なしか、太くなっている?

 

半袖だと職場であまりに目立つので、長袖を着ました。

そして、家に冷却スプレー(直接噴射は不可)があったので、休憩時間に、冷却+薬を塗るを2〜3回繰り返しました。

おかげで、水膨れは出来ませんでした。

 

4日後

まだ、日焼け部分は赤いですが、前より半袖を着ても目立たなくなってきました。

ありがたいことに、腕の腫れも引きました。

 

ただ、微妙にかゆい。我慢できる程度のかゆさ。

そして、肌の見た目もキメが粗い。若干まだらになっていて、明らかにダメージを受けています。

引き続き、冷却と保湿が必要です。

もう少し回復したら、美白美容液を使って元の肌に戻していこうと思います。

 

あなたの日焼け感度はどのタイプ?

私は、日焼けをするとこのように真っ赤になってしまいますが、逆に真っ黒になる人もいますよね。

人によって紫外線への感度は異なるので、日焼けの被害の出方も異なります。

 

紫外線への感受性(フォトスキンタイプ)は6種類あるそうです。

 

①タイプ1

太陽に当たると肌が色付かず、いつも赤くなってしまう。そばかすが多い。
②タイプ2

色が白く、明るめの肌色で、いつも赤くなるが、時として軽く色付く。いくつかそばかすがある。
③タイプ3

色白か少しマットな肌色。たまに赤く日焼け(軽いものから中程度の日焼け)し、若干のそばかすがあることもある。
④タイプ4

オリーブ色の肌。赤くならず、日焼けしやすい。そばかすはない。
⑤タイプ5

褐色の肌。赤くならず、日焼けしやすい。そばかすはない。
⑥タイプ6

黒い肌で、まったく日焼けしない。そばかすもない。

ビオデルマHPより引用

 

私はタイプ2でした。

タイプ1からタイプ3の人は、特に日焼け対策をしっかりとる必要があります。

 

顔の日焼け対策はちゃんとしていても、体は顔よりも手を抜きがち。ずぼらな人(私)も気を抜かず、しっかり日焼け対策をとりましょう。

 

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ