小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

中学入試で「空売り」!?

今日ぼーっと電車に乗っていたら、日能研の広告が目につきました。

f:id:mattarifree:20200924210137j:image

日能研には通わなかったけど、同じ中学受験をした身としては、見かける度につい気になり、問題を解きたくなってしまいます。

 

で、まずざっと問題を最後まで見たら、驚きのワードが出てきました。

空売りですと!?」

 

株をやっていても、現物取引だけでなく信用取引まで手を出さないと知らないワード。

私は30歳を過ぎて株を始めて知ったワードですが、それが今では中学入試で出てくるのか!とびっくりしました。

 

※ちなみに、「現物取引」では…現金で株を買い、自分のもの(現物)として保有し、その株を貸すことで手数料がもらえたり、持ち続けることで配当金がもらえたり、株価が上がった時点で売却すると利益が手に入ります。

 

信用取引」はざっくり書くとお金を借りて、

①「買建」(将来的にその株を買った代金を返しますという契約をする)

②「売建」(将来的にその株を売った代金を返しますという契約をする)

の2つのやり方があり、

 

①「買建」だと、将来的に株価が上がった時点で返済すると利益が出て、

②「売建」(=「空売り」)だと、将来的に株価が下がった時点で返済すると利益が出ます。

 

小学校の英語教育もプログラミング教育も、自分の小学生時代に比べるとだいぶ進んでいますが、金融の教育までするとは。

 

自分も学び続けないと、子供たちの世代にどんどん置いていかれるなと思いました。

(戒めみたいな記事になっちゃいました)

 

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ