小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

アラサーが疲れやすい原因はこれかも!

こんばんは、毎日眠いまったりーふです。

そして、皆さま、今週もお疲れさまでした!

 

職場の先輩が数年前、「アラサー女の厄年(病気になったり事故にあったりするらしい)は恐ろしいのよ!」と隣の席から圧をかけてきたのが今でも忘れられないのですが、最近、その先輩が言ってたことは確かだなと思っています。

 

◼︎疲れがとれない

◼︎つねに寝不足

◼︎気持ちに体がついていかない

f:id:mattarifree:20200306165518j:image

そこで、血液検査を受けたところ、真相が判明しました。

 

◼︎鉄分不足

◼︎タンパク質不足

◼︎ビタミンB群不足

◼︎糖質過剰

 

まぁ要は、体を動かすエネルギー(栄養)が足りてないよってことでした。

この飽食の時代に!?

 

私の数値を公表するだけでは仕方ないので、皆さまも会社の健康診断の結果なりを引っぱり出して、見比べてみてください。

 

ちなみに、分析は、医師の先生の説明と『うつぬけ食事術』という本を参考にさせてもらいました。

f:id:mattarifree:20200307134308j:image

鉄分不足について


フェリチン」の値は理想値にはおさまってますが、数値が40代だと、欧米では妊娠が推奨されないそうです。

なので、これからのことを考えると、ちゃんと鉄分をとって、値を上げていった方が良いよとのことでした。

 

ちなみに、「血清鉄」とは、例えると、体のなかで鉄分を運んでいるトラックの数のこと、「UIBC」は、鉄分を運んでいないトラックの数のこと。

 

なので、私の場合、トラック数は多いのに、鉄分を運んでいないトラックの方が多い!

単純に鉄分不足です。

 

タンパク質・ビタミンB郡不足について


尿素窒素」が理想値よりはるかに低いのは、タンパク質不足が原因だそうです。

 

そして、「ALT」が低いことから、ビタミンB群不足も判明。

 

『うつぬけ食事術』には、こんなことが書いてありました。

タンパク質とビタミンB群はココロの栄養の基本です。

これらは、①セロトニンなどの脳内ホルモン、②ストレスと戦うコルチゾール、③神経を含む全身の細胞におけるエネルギー産出など、ココロやカラダの基本となる栄養素。

不足するとうつ状態になりやすい体質になります。

 

最近、悪夢を見る・疲れやすい・口内炎ができやすいのは、これが原因だったのかとスッキリしました。

 

原因がわかれば、対策もたてられますしね!

 

皆さまもまさかの栄養不足にご注意ください☆

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

血液栄養解析を活用! うつぬけ食事術 [ 奥平 智之 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/3/7時点)

 

↓ブログ更新の励みになりますので、良かったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ