小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

婚活をやり抜く力!

ここ数日、『GRIT やり抜く力』という本を読んでいます。

 

そして、この「やり抜く力」って婚活を終わりにできるかパートナーを見つけられるかにも関係があるんじゃ!?と思ったので、今回は、この「やり抜く力」をお題に、私の婚活を振り返ってみます。

f:id:mattarifree:20200226170336j:image

ちなみに、今日の記事は長めなので、サクッと読みたい!という方は、【目次】の「やり抜く力が弱い理由〜」からどうぞ☆

1.本の紹介


まず、本の著者の紹介です。

著者のアンジェラ・ダックワースさんは、ハーバード大学を卒業し、オックスフォード大学で修士号を取得した後、あのマッキンゼーに就職!その後、教師になり、心理学の教授になる…と超がつくほど優秀な方です。

 

でも、子供の頃から、「非凡な才能」や「生まれ持った能力」にこだわる父親から、「いいか、お前は天才じゃないんだぞ!」と失望を露わにされてきました。

 

「成功するには、才能がないとダメなのだろうか?」

そんな彼女の長年の疑問に対して、答えを出したのがこの本です。

「長い目で見れば才能よりも重要なのは、グリット(やり抜く力)」と。

 

そして、皮肉にも、彼女の長年の研究は、後に「マッカーサー賞(別名:天才賞)」もとったのです。

 

2.「やり抜く力」とは?


では、この才能よりも大事な「やり抜く力」とは何でしょうか?

 

本の紹介が、今回の記事のメインではないので、ざっくりまとめると…

やり抜く力」とは、その人の「究極的関心(自分にとってかけがえのないこと)」に対して、継続的に発揮される力

 

この「やり抜く力」があるからこそ、才能(素質)が小さくても、

〈才能×努力=スキル(技術)〉

〈スキル×努力=達成〉

と、才能とは真逆の後天的に身につけたスキルで目的が達成できるのです。

 

3.「やり抜く力」が弱い理由と婚活にやる気が出ない原因


この「やり抜く力」は、後から伸ばせる力ですが、全員が初めからが強いものを持っているわけではありません。

 

ちなみに私・まったりーふは、「やり抜く力」は絶対弱いだろうなと思って、本の中にあるテストを受けたら…やっぱり平均以下でした笑

 

(…はい、自分の人生を振り返って、自覚症状は大いにあります。ちなみに、これから伸ばしたり、対策をとったりできるので、安心しました☆)

 

それでは、自分が望んでいるほど「やり抜く力」が強くない理由は何でしょう?

「怠け者だから」

「ちゃらんぽらんだから」

「あきっぽいから」

著者は、どれも不正解だと言います。

つまり、性格的なものではないということですね。

 

「つまらない」

「そんなにがんばる価値はない」

「自分にとって重要ではない」

「どうせムリだから、もうやめたほうがいい」

なにかをやめようと思うときには、上の4つのどれかが頭に浮かぶのではないだろうか?と言っています。

「やり抜く力」を発揮したい対象・目標設定自体が原因なのです。

 

これを、婚活に置きかえると…

①「知らない人に会わなきゃいけないのが面倒・好きでもない人と話すのが退屈」

②「頑張らなきゃいけない・我慢しなくちゃいけないなら、結婚できなくてもいいかな」

③「結婚しなくても、まぁ生きていけるし」

④「どうせモテないし・結婚できないし」

と、いったところでしょうか?

 

私の場合、婚活中より、婚活を始めるまでがこじら期間でして(約2年!)

原因②③と「結婚したい!」の間で、常にぐらぐら心が揺れ動いていました。

 

4.「やり抜く力」の4つの要素を婚活に活かす!


では、「やり抜く力」を発揮するには、どうしたら良いでしょう?

 

著者は、「やり抜く力」が強い人たちから共通する4つの特徴を見出しています。

 

1.〈興味

自分のやっていることを心から楽しむこと。

2.〈練習

昨日よりも上手になるように」と日々の努力を怠らないこと。

3.〈目的

自分のやっていることは重要だと確信してこそ、「情熱」が実を結ぶ。

目的意識を感じないものに、興味を持ち続けるのは難しい。

4.〈希望

希望は「やり抜く力」の最終段階だけでなく、あらゆる段階に欠かせない。
最初の一方踏み出すときからやり遂げるときまで、ときには困難にぶつかり、不安になっても、ひたすら自分の道を歩み続ける姿勢は、はかり知れないほど重要だ。

 

これを自分の婚活に置きかえて、振り返ってみます…

 

1.〈興味

私は、アプリでの活動を、「まず、とにかく、色んな人にたくさん会うこと」を目標にやってきました。

 

でも、知らない人と会うのって疲れますよね…

まして、出会った人とすぐ結婚!なんて活動がすぐ結果に結びつくとは限らないし。

 

なので、私は、お相手に会うときに、結婚以外に他の興味(=情報交換・収集)を結びつけることにしました。

◼︎異業種交流(他の仕事の話が聞ける!)

◼︎趣味の話ができる

◼︎男性の考え方・心理がわかるかも!

◼︎興味があるお店・場所に行ける

◼︎お洒落して出かける気になる

 

そうすると、すぐに結果が出なくても、自分の糧になるし、心が折れません

 

2.〈練習

お相手に出会う回数を重ねるごとに、まず、初対面の人に会うことに緊張しなくなります。

そうすると、余裕が生まれます。

毎回、「どういう話題が盛り上がるか?」「価値観がわかるか?」「今度はこういうことを聞いてみよう」…と、実験のように試していました。

 

3.〈目的

まず、「これから先独身で生きていくのは考えられない」というか、「私には無理!」ぐらいに思っていたので、婚活は私にとって重要でした。

 

そして、ちょうど仕事が落ち着いていた時期だったので、いまは婚活が大事だ!集中してやりました。

前の方にも書きましたが、私の「やり抜く力」は平均以下なのですよね…

なので、なおさら、短期集中しないと、自分は上手くいかないのもわかっていました。

 

4.〈希望

まず、始めやすい&コストが安い婚活アプリを試して、厳しかったら、ゼクシィカウンターみたいな大手の相談所に行こうと思っていました。

ここで、アプリがダメになっても、希望が残っています。

 

それから、私は30代前半ですが、アラフォーで結婚した人もネット上や身の周りでいたので、年齢で焦るのは止めようと思いました。

歳をとることによって手に入れられる武器もあるので。

自分の魅力を上げていけば、マッチングする幅は広がるもの」という希望を持って活動していました。

 

 

以上、婚活を「やり抜く力」いかがだったでしょうか?

婚活をしていて、嫌な思い・悲しい思いをすることって、どの段階に進んでもあると思います。

でも、活動自体を止めてしまったら…出会い自体がなくなっちゃいます。

この記事が、少しでも婚活をやり抜く!に役立てば幸いです☆

 

↓私が使った婚活アプリはこれ。まだ使ったことがない方は、活動の幅を広げてみては?

マッチ・ドットコム

↓ブログ更新の励みになりますので、良かったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ