小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

【婚活レポ5】まさかの年下からのアプローチ③

こんばんは、まったりーふです。

 

私は婚活アプリマッチ・ドットコム」で婚活をし、彼氏とプロポーズをゲットしました。

このブログでは、婚活アプリで色んな人に出会うなかで、どう自分に合う人を探していったか体験談をつづっています。

 

1人目の人とB級グルメを食べに行った話

B級グルメを食べに行く①

2人目の人とフクロウカフェに行った話

猛禽類にかまれても平気な男①

3人目の人に40分待たされた結果

会ってすぐ帰りたいと思ったら救世主が現れた①

4人目の人と脱出ゲームに行った話

表と裏、どっちが本当の顔?①

5人目の話【今回はこのつづき】

前回の話はこちら①

前回の話はこちら②

f:id:mattarifree:20200201213748j:image

初年下Nさんと予想以上に意気投合し、2軒目へ
カジュアルだけどお洒落なバーに行きました。焼き鳥から急に雰囲気が変わったので、ちょっとドキドキ

 

でも、変な空気になったら嫌なので、意識してるなんて空気は出さずに友達みたいな雰囲気で話すように頑張っていました。まわりはカップルばっかりでしたが。

 

Nさんはドリンクを注文するときも、私がアルコールに弱いことを気づかって、無理に薦めてくることもありませんでした。むしろ、ソフトドリンクのメニューを開いて薦めてくれるぐらい。

(年下でもジェントルマンだなぁ!)

 

バーの雰囲気に押されて、何を話そうと思っていると、Nさんは色々話題を振ってくれました。

 

「これから行きたい場所とか旅行先ってある?」

「季節ごとのイベントが好きだから、夏になったら、海とか花火見に行きたいな。旅行先はいっぱいありすぎる!」

「海も花火も良いね!じゃあ次ドライブ行こうよ!」

「ちょ、ちょっとまだ初対面の人の車に乗るのは緊張するかなぁ…」

「そうだよね〜笑」

(若さ故なのかフットワーク軽いでもNさんもうまく流してくれて助かったー)

 

それからは、旅行でこんなところに行きたいという話題に変えました。

Nさんも空気を読んで、読書も趣味で、新しいビジネス書が出るとつい買っちゃうという話をしてくれました。

何を話していても楽しいけど、一気に距離を縮めるのは、アプリで出会ったから怖いなぁ)

 

色々話していると、終電間際になったので、急いで今日はお開きに。

外に出ると、なぜかどしゃ振りの雨でした。

駅まで相合傘をすることに。

(このシチュエーションどっかで…笑)

 

駅に着くと、Nさん「この傘あげるから、持っていっていいよ」

(どこまでもジェントルマンだなぁ)

 

傘は、「家が駅近なので大丈夫ですよ」と断りましたが、「またLINEに連絡しますね」と解散しました。

 

↓私が使ったアプリはこれ!

マッチ・ドットコム

↓ブログ更新の励みになりますので、良かったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ