小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

【婚活レポ6】文通相手の王子様①

私は婚活アプリマッチ・ドットコム」で婚活をし、彼氏とプロポーズをゲットしました。

このブログでは、婚活アプリで色んな人に出会うなかで、どう自分に合う人を探していったか体験談をつづっています。

 

1人目の人とB級グルメを食べに行った話

B級グルメを食べに行く①

2人目の人とフクロウカフェに行った話

猛禽類にかまれても平気な男①

3人目の人に40分待たされた結果

会ってすぐ帰りたいと思ったら救世主が現れた①

4人目の人と脱出ゲームに行った話

表と裏、どっちが本当の顔?①

5人目、年下とはじめてデートした話

まさかの年下からのアプローチ①

 

今回は、6人目の話です。

f:id:mattarifree:20200215122412j:image

当時、2週間ぐらい、毎日1通ずつメッセージをやり取りしている相手がいました。

その長さは、他の人とのメッセージの5〜6倍以上。スクロールして読む、段落分けして返信するレベル。

 

お相手は、Tさん、34歳、公務員。

 

仕事が激務らしく、私が返信するのが昼か夕方、Tさんからまた返信が来るのが真夜中。

それでも、私が書いたことをすべて拾ってくれ、言葉づかいも丁寧なので、育ちの良さが伝わってきました。

(実際、育ちは良かったです)

 

そのうち、この毎日1通のやり取りが習慣になり、文通のようで日々の楽しみになりました。

 

毎日、長文なので、やり取りした情報量は半端ないものでした。

 

仕事のこと。

家族のこと。

ちなみに、Tさんが婚活を始めたきっかけは、Tさんの父親が「結婚する気があるなら、そろそろ、何か活動を始めた方がいいぞ」とつぶやいたからだそう。

(結婚を意識するのに、周りの外圧って大事だよね。良いお父さんだ!)

 

子供の頃に、ペットを飼っていたこと。

動物好きの条件はクリア!)

 

趣味は、楽器と旅行。

(楽器はTさんほど好きではないけど、ピアノとギターをやっていたから、話にはついて行ける)

 

毎日やり取りを続けて2週間ぐらい経つ頃、「実際にお会いしてみませんか?」という話になりました。

 

お店は、Tさんが、「こんな感じのお店で良ければ」と雰囲気の良いイタリアンのお店を予約してくれました。

 

育ちの良さといい、エスコートしてくれるところといい、王子様みたい。

(写真もアプリの中でかっこいい方でした)

 

会うのが楽しみで、仕方ありませんでした。

 

☆つづく

 

↓私が結婚相手を見つけたアプリはこれ!無料登録でお相手が探せます。

マッチ・ドットコム

 

↓ブログ更新の励みになりますので、良かったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ