小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

【婚活レポ7】インフルエンサーな男②

婚活アプリマッチ・ドットコム」で出会ったSさん。

 

アプリの顔写真はさわやかな背景、そして、送ってくるラインはコミュ力抜群。

ただ待ち合わせ前日、「好きなものが食べられると良いですね」と謎のメッセージを送ってきました。

 

↓今回はこのつづきです

前回のつづきはこちら①

f:id:mattarifree:20200225162326j:image

待ち合わせ当日、現れたSさんは写真のイメージそのまま、さわやかな今時の男性でした。

(全くもってなぜ彼女がいないのか謎…)

 

お店も、女子が好きそうな可愛い居酒屋を予約してくれていました。

店内の背景はポップな和柄。鞠のようなSNS映えしそうな形の半個室もありました。

「そこの席は予約がいっぱいで、取れなくてごめんね」とまで言ってくれるSさん。

 

今まで出会った中で、一番クセのない、婚活離れ(失礼な言い方だけど)した人を目の前にして、ドキドキというより、何だか最初は落ち着けませんでした。

が、ラインのように、対面でも話し上手・聞き上手なSさんのおかげで、色々な話ができました。

 

まず、家族のこと。

女慣れしているのは、がいたおかげでもありました。

(女姉妹がいる中で育つのと、男兄弟の中で育つのはやっぱり違うよね)

 

そして、なぜ婚活をしているのか?

その妹が早くに結婚して、もう小学生の子供がいるらしく、その姪っ子が可愛くて、自分も子供が欲しい&妹と比べて年齢的な危機感を感じたとのことでした。

(周りがすでに結婚している環境は、お付き合いが進みやすい大きなポイントだよね!)

 

残念ながら、海外旅行にはあまり興味がなさそうでしたが、ドライブ好きで、私の気に入った場所にSさんも行ったことがあり、「また行きたいのだよねー」と共通点ができました。

 

Sさんのコミュ力にのせられて色々話しているうちに、終電間際に。

 

お会計は、Sさんがお支払いしてくれました。

 

ただ、今まで出会った人より歳が近いのとタイプが違うのもあり、割り勘分渡そうとすると、「今日は良いから次回奢って」と言われました。

 

あ、この「次回奢って」の言葉が私は好きじゃないなと思ってしまいました。

 

「奢って」の響きが、「返して」に聞こえるのですよね。

じゃあ、いま半分受けとってくれれば良いじゃん!と思ってしまうのです。

(受け取る気がないのなら、余計なことを言わずにご馳走してくれた方が、かっこよく見えるのに…)

 

※この後友人に話したら、次デートへの布石なんじゃないの?と言われ、なるほどとも思いました…

 

確かに、次のデートへのお誘いが、会う期間が開く前(旅行に行く前)にあったので、相性を考えるのは2回目に持ち越すことにしました。

 

なぜなら、この「奢る奢られる」に関する議論は、どっちが正しいとかではなく、単なる好み・相性だからです。

 

☆次のデートにつづく

 

↓私が使ったアプリはこれ。無料登録でどんな会員が使っているか見られます!

マッチ・ドットコム

↓ブログ更新の励みになりますので、良かったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ