小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

【婚活レポ7②】インフルエンサーな男と2回目のデート①

婚活アプリで出会ったSさん、34歳。

爽やかでコミュ力抜群

話していると楽しいのだけど、お会計時の「今回は良いから次回おごって」という一言が気になってしまった…のつづきです。

 

↓1回目のご飯デートの話はこちら

前回のつづきはこちら①

f:id:mattarifree:20200321191133j:image

Sさんのおかげで旅行中もラインは続き、2回目のデートをすることになりました。

甘いものが食べたいというSさんのリクエストに応じて、雑誌の特集で見かけた「大人のパフェ」を食べに行くことに。

(ちなみにお値段も大人)

 

パフェが今回のデートのメイン!

そして、今まで出会った人とお会計の仕方(雰囲気?)が異なるのも気になり、夜ご飯は軽めに食べられるお店を選びました。

ワンコイン(500円)で食事が頼めるイタリアンバル。でも、味とボリュームも兼ね備えていて、食べログの評価もバッチリです。

 

当日、駅の改札口で待ち合わせをしました。

 

そこに現れたのは、真夏にマスクを装着したSさん。

咳をしながら、汗のにじんだ赤い顔をしていました。

 

「大、大丈夫ですか?」

ぎょっとしてしまった私に対して、

「大丈夫です…」

という、Sさん。

 

(いやいや、どう見ても大丈夫じゃないでしょうよ!!)と心のなかでツッコミを入れながら、「今日は解散して、別の日にまたご飯行きましょうか?」と提案しました。

しかし、本人が大丈夫だと言うので、お店に向かうことにしました。

 

お店に着き、「何を食べましょう?」と話を振るも、Sさんは見ての通り、「自分はあまり食べられないので、好きなものを頼んでください」と言う側から咳込む次第。

 

結局、数品頼み、周りのお客さんの熱い視線を感じながら、ほぼ1人で食べていました。

 

(結局、Sさんが良いというから来ちゃったけど、他のお客さんもこんなに咳をしている人がいたらめっちゃ気になる、というか正直言って嫌だよね…)

(しばらく咳が治らないってさっき言ってたけど、頻繁にラインしていたのだから、一言相談してくれたら延期したのになぁ

 

Sさんがあまり元気がなく、話さないので、つい先日行ってきた海外旅行の話をすることにしました。

 

大人しく話を聞いてくれるSさんに、だんだん私も話に熱が入ってしまい、「Sさんは海外はあんまり興味ないですか?」と聞くと、

「国内でも良いところはたくさんありますよ!」とピシャリと言われてしまいました。

 

(こんな人だったっけ?体調悪いとやっぱり対応変わるのかな?でも、気を使いすぎてこっちも疲れる…

 

☆つづく

この話は夏の話ですが、いまの時期なら待ち合わせ時点で一発アウト、帰ると思います。

皆さまも体調には十分気をつけて。

そして、少しでも不調なときには周りの人への移さない気遣いを。

 

↓ブログ更新の励みになりますので、良かったらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ