小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

心がほっこりするドラマ「モダン・ラブ」

最近、英語の勉強も兼ねて、海外ドラマをよく見ます。

恋愛ドラマを一番よく観るのですが、演出がお洒落で、観た後に心がほっこりするドラマを見つけたので、紹介します。

 

モダン・ラブ〜NYの街角で〜

f:id:mattarifree:20200524174244j:image

ニューヨーク・タイムズ紙の人気コラムに投稿されたエッセーに基づいて作られたオムニバスドラマです。

1話完結、30分ぐらいなのでさらっと観れるなと思い見始めたのですが、ストーリーがギュッとつまっていて飽きない。どころか、観たあとは、登場人物の間で交わされる愛情で、心がほっこりしました。

 

エピソード1「私の特別なドアマン」は、アパートに住む独身女性・マギーと初老のドアマン・グズミンの話。

 

マギーが彼氏を家に呼ぼうとすると、毎度渋い顔をするグズミン。

グズミンは東欧の強制労働キャンプ出身。育ちのせいか、父性からか、マギーの彼氏たちにスナイパーばりの攻撃力を見せます。

入り口でお払い箱にされる彼氏がいれば、家に入り込み交際が始まった彼氏もいますが、そのうちにアクシデントが起きます。

グズミンの助けを借りながら、立ち直り、成長していくマギー。

最後はハッピーエンドです。

 

感想〜ネタバレ注意〜

 

2番目の彼氏の後ろ姿に、照準を合わせているグズミン。

「あの男は気に入らない」と部屋に内線をかけてくるグズミン。

〈娘の彼氏を撃ちかねない過保護な父親像〉が側から見ていると、とても可愛いです。

 

それなのに、できちゃったマギーに対して、「だから、忠告したでしょう!」と言わない姿勢が素敵。

逆に、ドラッグストアのイケイケ姉ちゃんが、妊娠検査薬を大量にお会計するマギーに対して、「Wow」「Good Luck!」と言っちゃうのも笑っちゃいけないけど笑える。

 

マギーがグズミンに相談しているときの、アパートのエントランスはすごく美しいです。

「両親が何て言うか…」というマギーにかける、グズミンの言葉も素敵。

 

ご自分で決めたらいい

(No one can't judge you.)

だが不安を理由に決断してはいけない

 

海外ドラマを見ていると、Don't judge me!みたいな台詞がたまに出てきますが、この〈他人がjudgeするものではない〉という概念は日本にはないような気がして、私は好きです。

 

「不安を理由に決断してはいけない」

これは、人生の色んな局面で言えそうです。

 

最後にNYから、転職してLAに行くマギー。

5年後、LAから、新しい彼氏(夫?)と成長した娘を連れてグズミンに会いに来ます。

 

彼を見たときのグズミンの台詞も好きです。

 

新しい彼「どうも(Hey man!)」

グズミン(微妙な顔)

私(挨拶がHey man!だしなぁ…グズミンのテスト、パスできるんかな!?)

 

合格です

彼女の目を見ればわかります

 

そっか、なるほど。

と、腑に落ちた瞬間でした。

 

一緒にいて、リラックスできて笑顔でいられる相手が良いよねと。

 

Amazonプライム会員の人は、是非観てみてください☆

↓この記事が参考になったら、ポチッとお願いします♪ やる気になって、今後も記事をふやしていきます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活成功へ