小さな一歩の積み重ね!まったりーふの日々

婚活を経て新生活へ。日々のモノ事をつづります。部屋も頭もスッキリさせたい。

紅茶の思い出と理想

大学生のとき、個人の小さな法律事務所でバイトをしていました。

 

弁護士の先生とパラリーガルのおばさま、私の三人。

先生が仕事でいないときは、そのおばさまと二人っきり。

 

なかなか相性が試されるシチュエーションですが、おばさまの人柄が素敵で、(こういう風に穏やかに上品に歳を重ねていきたいといった感じ)仕事が忙しくない午後は、おばさまの「お茶にしましょう」の一言で、14時〜15時のおやつタイムがありました。

f:id:mattarifree:20200825180447j:image

※実際はマグカップで飲んでいたけど、おばさまとのティータイムは、思い出のなかでこれくらい美化されています。

 

そのときにおばさまが入れてくれたのが、お客様がお土産に持ってきてくれた、トワイニングの紅茶。

実家では紅茶を飲む習慣はなかったので、これが私と紅茶の初めての出会い。

何種類かあるティーバッグのなかから、「今日はどれにする?」と選ぶのが楽しみでした。

 

あれから10数年。

あのおばさまのおかげで紅茶は相変わらず大好き。

 

毎日は飲まないので、「今日はどれにしよう?」とはいきませんが、1.2ヶ月で茶葉がなくなると、「今月は何にしよう?」新しい茶葉を試すのが楽しいです。

 

でも、なかなか仕事中に紅茶を一杯なんて働き方は難しい。

平日の朝も本当は、休日みたいに「ふぅ」と紅茶を一杯、頭をゆるませてから、仕事に行きたい。

 

すぐにとは行かないけど、理想的な働き方を求める気持ちを忘れないために、書き残しました!

 

今度は、美味しいお茶の記録も残していきます。

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ